腰痛の治療事例

松本流 腰痛の治療法について

■松本流 腰痛の考え方
それは腰の筋肉を臀部の筋肉に使い終わった血液が残ってじっといるから、そこで凝りと同時に痛みとして教えると考えます。

@腰や臀部の筋肉を使うことによって使い終わった血液がその場にいるから凝りとなる。
 

A内臓の反射によって緊張することにより凝りとなる。
(腎臓、大腸、膀胱、前立腺、便秘、生理痛など)

 
B骨の異常によって神経が刺激されて、緊張して凝りとなる。
骨の問題(椎間板ヘルニア、脊椎すべり症、脊柱管狭窄症、変形性脊椎症、等)とその2つがいっしょになったものと、その他(内科疾患、等)と分けられます。
 

Cその他、脳の異常、細菌・ウィルス性、血液の異常から、腰、臀部の痛みにつながる場合がある。


腰痛の症状は、腰部の鈍痛、放散痛、電気がはしるような痛み、運動痛、静止時痛、神経痛と様々です。

 急性腰痛は、前日、または前々日くらいからの腰の筋肉、臀部の筋肉が凝りや詰まったような感じ、張ったような感じがあるのに
無理をして疲労を重ね、より凝りを増やしてしまう方がいます。もうこれ以上は硬くなれないところまで硬くなると、負荷や咳、くしゃみ
などでもきっかけとなり、筋肉がつったり、痙攣みたいになり、ぎっくり腰となるのです。

■松本流 腰痛治療方法

 人間の体は、すべての細胞は血液から栄養をもらっています。
ツボには深さがあり、刺激量によって効き目が違います。
 ある患者さんは、腰痛にて来院され、腰の筋肉は板を張ったみたいに硬くなっていました。
おしっこも15分に1回行くから、唐津から福岡の出張も行けなかったそうです。。
(ご本人は膀胱炎だと思っておられました)病院も他の針灸院も行ってみても治らず困っておいででした。
 治療は、中国針を利用、また股関節を治す針も行い、1ヵ月ほどで治癒しました。

筋肉の問題(筋・筋膜性腰痛)
急性  激しいスポーツをしたり、急に重い物を持ったりすること
    が原因で筋肉や筋膜に炎症がおこり、硬い筋(筋の過緊
    張)を起こします。いわゆるギックリ腰です。硬くなる 
    筋肉はマッサージでは届きにくい場所にあります。その硬 
    くなった筋肉に確実に針をあてる事で、筋肉の過緊張や
    炎症をとりのぞきます。
慢性  骨の問題(椎間板ヘルニア、脊椎すべり症、脊柱管狭窄症、
    変形性脊椎症、等)が慢性化したり、労働等で常に腰の筋
    肉が疲労していると腰の筋肉が硬くなってきます。これは   
    急性期の筋の過緊張と違い、血のめぐりが悪くなることで
    痛みをともないます。当院では硬くなった筋肉に針刺激を
    することで、血流改善を促し、腰痛を取り除いていきます。
骨の問題(椎間板ヘルニア、脊椎すべり症、脊柱管狭窄症、変形性脊椎症、等)
椎間板ヘルニア等の器質的な変化は、変わりにくいのが現状です。しかし、もとを正せば、上記の疾患ですら、筋肉の問題から始まることがほとんどです。当院では、まず腰全体の筋肉を緩ませ、牽引を加えることで、完治を目指します。足先の痺れ、間歇性ハ歩等の神経症状は、その原因となる神経にアプローチをかけることで、改善させていきます。

ページの先頭へ

 ■ 事例1何をしても治らなかった腰痛が・・・・
腰痛が1年前からあったのですが、
足やおしりや腰など数ヵ所に鍼を打っていただいて、
何をしてもあまり良くならなかった痛みがとれました。
先生が痛みの原因を明確にしていただけて、良かったです。

■院長からのコメント
『何をやっても治らなかった腰痛が、なぜ治ったのか?』
よく患者さんから質問を受けます。
1つは、痛みの根本原因を治療したからです。
ひとくちに腰痛の原因といってもたくさんあります。
筋肉、骨、血流、姿勢、内臓の疲れ・・・。
痛み自体はMRI検査でもわかりませんので、経験と技術がものをいいます。当院では自分の痛みの本当の原因をいっしょに探していきます。

腰痛治療事例 福岡市早良区Kさん
福岡市早良区 K様









 ■ 事例2 たった1ヶ月で腰痛がよくなりました
以前から腰痛がひどく腰の筋肉も板を張ったみたいにカチコチになっていて
病院も他の針灸院も行ってみても治らず困っていました。おトイレにも15分に1回(自分では膀胱炎だと思っていました。)
出張も多い仕事なので大変困っておりましたところ
松本先生と出会い、なんと1ヶ月ほどで腰痛も15分に1回のおトイレも治ってしまいました。
どこの病院や治療院に行っても治らなかったのに・・・・
今は痛みから解放されてとても楽しく生活しています
本当に感謝しています!ありがとうございます

■院長からのコメント
痛みの原因や病名など自分が思っていたものと全然違うことがよくあります。
なんと病院でも本当の原因や病名など診断結果も全く違うこともあります。
その場合、見当違いの治療をしているのだから病院などで治らなかったのも当たり前です。
当院は35年の経験で30万人以上の患者を治療した経験をいかし本当の痛みの原因を治していきます
腰痛治療事例 福岡市東区Yさん
福岡市東区 Y様















ページの先頭へ



現在、脳梗塞後遺症で九州・関西・関東から当院に来院されています。
脳卒中等の脳疾患の後遺症でお悩みの方、一度御相談下さい。







症状別治療法の一例をご紹介します。あなたがお悩みの症状をクリックしてください。
メディア紹介
==>>詳しくはこちらから


学研 大丈夫に紹介されました


フリー誌ラフィーネさんに
紹介されました

HOME治療方針治療内容お問い合わせ患者様の声よくある質問アクセスメディア紹介疾患別治療例
院長経歴スタッフ紹介鍼灸普及活動鍼灸技術育成塾セミナー案内特集ブログ求人個人情報保護方針サイトマップ