膝痛の治療事例

松本流 膝痛の治療について
■松本流の膝痛の考え方
 膝の症状は、動き始めが痛い、階段の上り下りがつらい正座ができないなどと様々です。スポーツなどで膝を痛める外傷性は、若年層に多く、膝の変形や摩擦性損傷は中年層以上、とくに女性に多く見受けられます。膝痛の原因としては、膝関節を構成する内外側半月板、内外側側副靭帯、前後十字靭帯のいずれかを損傷すると痛みを伴います。腰や股関節が原因で膝が痛むこともあります。
変形性膝関節症
本病は膝関節軟骨の老化現象で、軟骨に機械的摩擦がおこり、その結果、軟骨に欠損が生じます。又、脱落した軟骨が関節の中に入り、滑膜(関節の一番内側の粘膜)を刺激し、二次的に滑膜炎が発生します。そして、長期間の刺激により関節は腫脹し関節液が貯留(水がたまった状態)します。骨の変化は骨のへりに骨棘がおこると同時に関節面に骨の硬化が起こり、関節の間が狭くなってきます。これにより、半月板も変性がおこり、関節の痛みは取れにくく、長く残ります。
症状
・O脚  大腿内側の筋郡が萎縮することの発生の要因の一つ
・こわばりがある・天候の変化によって痛み具合がかわる
・膝関節を動かすときにクリック音がする
内外側側副靭帯
膝関節は強靭な靭帯に頼っていきます。これによって膝関節の安定が図られています。膝関節の非生理的運動が起こる際には必ず靭帯の損傷は発生する。軽ければ、内側側副靭帯の損傷が起こる。膝関節の靭帯の損傷のうち、内側側副靭帯が最も多い。
内外半月板
半月板は繊維軟骨でできており強い外力などで膝に負担がかかったときにいたみやすい。通常、内側半月板の方が傷みやすいといわれていますが、外側半月板は先天性奇形が多い、外側半月板は外側側副靭帯とは連結されていない、大腿骨・脛骨外顆はいつも体重の重みがかかっているところであるため、内側よりも負担が多い、異常3つの理由と当院の統計からみると、外側半月板の損傷の方が多い。


■松本流膝痛の治療方法
痛みは何故起こるのかというと、膝関節に関係ある筋、腱、人体の血液が不足しているからで、言い換えれば使い終わった血液がその場所に停滞、凝りとなって硬直した筋となります。
筋肉や腱、人体に血液が不足して、関節に良い血が少なくなると異常を知らせようと、痛みとなって教えていると考えています。
 このように考えると、大腿の後ろの屈筋(二頭筋など)や下腿の後ろの屈筋、下腿三頭筋、大腿の前面の筋(大腿四頭筋など)、下腿の前面の筋、大腿内側の筋腱、外側の筋腱、それから腰、臀部の凝りがあると治りが悪くなります。
 また、膝関節の骨の変形は、長い間膝の関節にかかわる筋、腱などが血液不足の状態を続けた結果、膝関節まで充分栄養が届かなくなって、骨が変形し、軟骨が磨り減っていきます。
 治療は、検査法を行い診断した結果、損傷が疑われる箇所(半月版や側副靭帯など)へ針を刺して、そこの筋や腱の細胞を痛くない時の状態まで若返らせ治します。
誰もが血が流れている間は、治る力を持っています。傷口が治るように、再生する力があるということなのです。
膝の症状は、動き始めが痛い、階段の上り下りがつらい正座ができないなどと様々です。スポーツなどで膝を痛める外傷性は、若年層に多く、膝の変形や摩擦性損傷は中年層以上、とくに女性に多く見受けられます。膝痛の原因としては、膝関節を構成する内外側半月板、内外側側副靭帯、前後十字靭帯のいずれかを損傷すると痛みを伴います。腰や股関節が原因で膝が痛むこともあります。
変形性膝関節症
本病は膝関節軟骨の老化現象で、軟骨に機械的摩擦がおこり、その結果、軟骨に欠損が生じます。又、脱落した軟骨が関節の中に入り、滑膜(関節の一番内側の粘膜)を刺激し、二次的に滑膜炎が発生します。そして、長期間の刺激により関節は腫脹し関節液が貯留(水がたまった状態)します。骨の変化は骨のへりに骨棘がおこると同時に関節面に骨の硬化が起こり、関節の間が狭くなってきます。これにより、半月板も変性がおこり、関節の痛みは取れにくく、長く残ります。
症状
・O脚  大腿内側の筋郡が萎縮することの発生の要因の一つ
・こわばりがある・天候の変化によって痛み具合がかわる
・膝関節を動かすときにクリック音がする
内外側側副靭帯
膝関節は強靭な靭帯に頼っていきます。これによって膝関節の安定が図られています。膝関節の非生理的運動が起こる際には必ず靭帯の損傷は発生する。軽ければ、内側側副靭帯の損傷が起こる。膝関節の靭帯の損傷のうち、内側側副靭帯が最も多い。
内外半月板
半月板は繊維軟骨でできており強い外力などで膝に負担がかかったときにいたみやすい。通常、内側半月板の方が傷みやすいといわれていますが、外側半月板は先天性奇形が多い、外側半月板は外側側副靭帯とは連結されていない、大腿骨・脛骨外顆はいつも体重の重みがかかっているところであるため、内側よりも負担が多い、異常3つの理由と当院の統計からみると、外側半月板の損傷の方が多い。

ページの先頭へ

 ■ 事例1正座が出来るようになりました。

お茶をたしなんでいる者ですが、ある時正座が出来なくなりました。
お茶のお稽古で正座が出来ないということは致命傷です。2か所の整形外科へ行きましたが、同じ診断で、同じ処方でした。そして一向に良くなりませんでした。
その時東洋鍼灸療法院の松本先生をご紹介いただきました。最初はこれで良くなるのかと不思議でした。2か月、3カ月と通ううちに歩行が楽になり、今では以前のようにお茶のお稽古ができるまでに回復しました。本当にありがとうございました。



■院長からのコメント
「整骨院で治らなかったけど・・・」当院でよく聞く言葉です。
根本原因を治療し
原因をしかり見定め的確な治療をすれば、必ず回復します。

膝痛 治療事例 福岡市西区 Oさん
福岡市西区 O様









ページの先頭へ

 ■ 事例2

お茶をたしなんでいる者ですが、ある時正座が出来なくなりました。
お茶のお稽古で正座が出来ないということは致命傷です。2か所の整形外科へ行きましたが、同じ診断で、同じ処方でした。そして一向に良くなりませんでした。
その時東洋鍼灸療法院の松本先生をご紹介いただきました。最初はこれで良くなるのかと不思議でした。2か月、3カ月と通ううちに歩行が楽になり、今では以前のようにお茶のお稽古ができるまでに回復しました。本当にありがとうございました。



■院長からのコメント
「整骨院で治らなかったけど・・・」当院でよく聞く言葉です。
根本原因を治療し
原因をしかり見定め的確な治療をすれば、必ず回復します。

膝痛 治療事例 福岡市西区 Oさん
福岡市西区 O様









ページの先頭へ



現在、脳梗塞後遺症で九州・関西・関東から当院に来院されています。
脳卒中等の脳疾患の後遺症でお悩みの方、一度御相談下さい。







症状別治療法の一例をご紹介します。あなたがお悩みの症状をクリックしてください。
メディア紹介
==>>詳しくはこちらから


学研 大丈夫に紹介されました


フリー誌ラフィーネさんに
紹介されました

HOME治療方針治療内容お問い合わせ患者様の声よくある質問アクセスメディア紹介疾患別治療例
院長経歴スタッフ紹介鍼灸普及活動鍼灸技術育成塾セミナー案内特集ブログ求人個人情報保護方針サイトマップ