当ページでは東洋鍼灸療法院に寄せられたよくあるご質問をご紹介します。
掲載されていないご質問・ご不明点等がございましたら お気軽にお問い合わせください。

針は痛くないですか?
針というと注射針や縫い針をイメージされ、痛そうというイメージ先行されがちですが、当院で実際使用する針は、非常に細くしなやかな針なので、蜂の刺したような痛みはありません。当院に来る初めての患者さんのほとんどが、「思ったより痛くなかった」と言って針というと注射針や縫い針をイメージされ、痛そうというイメージ先行されがちですが、当院で実際使用する針は、非常に細くしなやかな針なので、蜂の刺したような痛みはありません。当院に来る初めての患者さんのほとんどが、「思ったより痛くなかった」と言ってくれます。かたい筋に針があたるとズーンというひびきを感じます。このひびきが感じたほうがなおりがはやいのですが、なかには苦手といわれる患者さんもいます。当院では、患者さんの体と相談して、針の使い分けをいたしますので、安心して受けられます。
このページのTOPへ↑

針があう人と合わない人がいると聞いたのですが?
基本的の針があわない人はいません。しかし、金属アレルギーなどをお持ちの方には、細心の注意を払いますので、安心して受けられます。
 このページのTOPへ↑

どのような針灸をするのですか?
当院は、西洋医学と東洋医学を融合させた新しい治療法を行います。体全体を診るのはもちろんのこと、運動器疾患の場合は、各テスト法を行い、どこを痛めているのかをしっかりとみきわめて治療します。当院では、現代医学では改善困難の症状に対して、改善したという多くの実績を残しています。
 このページのTOPへ↑

針で肝炎などの病気がうつると聞きましたけど大丈夫ですか?
完全滅菌の針を使用しますので大丈夫です。また、御希望の方には、ディスポ針(使い捨て針)や、個人専用の針で治療させて頂きます。
 このページのTOPへ↑

お灸は火傷や痕が残ったりしませんか?
当院では、火傷や痕が残らないような方法で、お灸をさせていただきますので大丈夫です。
 このページのTOPへ↑

治療回数は、どれくらい来院したらいいの?
疾患や症状などによって違います。急性のものや、症状がひどい場合、週2・3回ほどで、慢性のものは、週1回程度が最も効果的です。
 このページのTOPへ↑

針灸はどのような病気(疾患)の治療ができますか?
細菌やウイルスに感染したものは治療出来ませんが、肩こり、腰痛をはじめとする5大疾患や、生活習慣のみだれからくる不定愁訴、婦人科疾患などにも治療効果が期待できます。また、捻挫などのスポーツ針灸もしています。お困りの症状がございましたら、ご連絡下さい。
 このページのTOPへ↑

針灸に依存症はありますか?
針灸に依存性はありませんが、針灸が心地良く感じ、「また受けたい」と思うことは良くあります。薬のように副作用や依存性もない針灸は、カラダに優しい医学と言えます。
 このページのTOPへ↑







症状別治療法の一例をご紹介します。あなたがお悩みの症状をクリックしてください。
メディア紹介
==>>詳しくはこちらから


学研 大丈夫に紹介されました


フリー誌ラフィーネさんに
紹介されました

HOME治療方針治療内容お問い合わせ患者様の声よくある質問アクセスメディア紹介疾患別治療例
院長経歴スタッフ紹介鍼灸普及活動鍼灸技術育成塾セミナー案内特集ブログ求人個人情報保護方針サイトマップ